既婚人の主人の自宅でコッテリセックスを楽しむ人妻

31年代の人妻が書くPCMAX書き込みです。既婚奴同士の不倫セックスが綴られているわけですが、そのポジションが彼の住居というから凄いですよね。そりゃ異様に興奮するだ(笑)
【31年代の千葉県内母親(人妻)】
今年の8ひと月のお盆休日の物事はたぶん当分忘れることができないでしょう。彼との忘れられないコッテリ時刻。その日、私の彼は生まれ故郷へ訪問消息筋でした。そして彼の嫁さんと乳児がお家に帰宅消息筋だったんです。そんな状況だったので彼から「今日は住宅においでよ!」と言われていたんです。でもさすがに最初は尻込みしました。でもまぁ1回だけなら大丈夫なのかなって思って、彼の住宅に行くことにしました。大好きな彼がどういう住宅に住んでいて、通常どういう生活をしているのか、注意もありましたから。彼の住宅に行くと、思い切り大きなタワーわが家の21階に住んでいました。部屋に入り、大きいリビングで少しお酒を飲みながらリラックスしてお喋りしていると、お酒の力不足もあってどんどん気分が高揚してきました。良い風土になってきて、お互いに軽く密着してボディーにタッチするような際も増えてきて、自然と私の輩からキスしました。更にこうなると止まりません。彼も手厚く胸を揉み始め、そして何とか私は無意識のとおり彼の股間に手を廻しました。もう硬くなっていました。引き続きショーツの上からゆっくりと擦り続けると、厚く手強い男根がビクンビクンと動きながら過密に膨れている。彼のとは比べ物にならないくらい幅広い。それが私の虜にしているのです。それからベッドに移り、彼が大好きなシックスナインの姿勢になりました。ビックリするほど大きくなった分厚い男根をくわえると、彼も私のお尻を鷲掴みとして拡げたとおり、手厚くクリからオマン○に舌を這わせてきました。そこからはクリを集中的に舐め回され、私も頑張っていましたが彼の舌使いに負けてしまい、ありのままクリを舐められてイってしまいました。その後は私が上に乗って裏側騎上の姿勢に。これも彼が大好きです。彼の強い男根を自分のあそこにあてがってじっくり沈め込み、そして自分から腰を振っていました。彼とのセックスの時は大違いです。こんなことしたことがありません。いわば彼の陣営が私を淫乱な妻としてしまったようです。部屋中にみっともない過密って音調がしています。どんどん清々しくなってきた頃に、後述からも頼もしい男根が打ちつけてくるので私はまたイってしまいました。そして最後は裏側の姿勢で、私はいくぶん朦朧とした病状からきつく差し込みされました。裏側は私が一番好きな身構えです。彼は私の腰をたくましく支えて、私が感じてる所感を洩らすとたくましく腰を打ち就けて来たので、このまま一緒にイケるとして、「一段と来て~」と叫んでしまいました。彼も「イクよ」と言い、その一瞬後に一緒にイク事が出来ました。一緒にイクは一体全体幸せですよね。私は濃い幸福に包まれていました。彼がいつも嫁さんと共に寝ているベッドでこんなに淫らな事をやるというのも盛り上がりを一層高めたんだと思います。まぁこんなことはこれが結末でしょうけどとっても素敵なタイミングでした。PCMAX評価